鶴岡高専 創造工学科 安田研究室

独立行政法人国立高等専門学校機構
鶴岡工業高等専門学校


・テラヘルツ分光を用いた各種機能性材料の解析

・PbTe系中遠赤外,テラヘルツデバイスの研究

・各種光干渉計による微小変位および振動計測の研究

・偏光を用いた物体表面の性状評価の研究

・近赤外発光ダイオードを用いた通信の研究

・発光ダイオードの非破壊による評価法の研究

研究紹介


テラヘルツ分光を用いた各種機能性材料の解析
近年注目を浴びているテラヘルツ光を用いて超伝導体や太陽電池材料などの機能性材料の物性評価を行い,全くユニークな新しい材料評価法としての提案を目指しています.

テラヘルツ分光システム概念図


PbTe系中遠赤外,テラヘルツデバイスの研究
PbTe,PbSnTeは直接遷移型かつナローバンドギャップを持つ化合物半導体です.その特色を生かして主に中赤外線の発光受光デバイスの開発及びその応用研究を行っています.


PbSnTe 半導体レーザの発振スペクトル例

各種光干渉計による微小変位および振動計測の研究

本研究室ではマイケルソン干渉計を改良したロバスト光干渉計および光音響素子を用いたヘテロダイン干渉計を独自に制作し微小変位や微小振動の計測の研究を行っています.

ロバスト光干渉計

偏光を用いた物体表面の性状評価の研究
一定の偏光状態の光を物体に照射すると,反射光の偏光状態は表面の物性や粗さなどによって変化する性質を利用して,偏光の反射光の偏光状態の変化を測定することにより非接触で,目には見えないような表面の物性状態や異物検査を試みています.

偏光の種類

近赤外発光ダイオードを用いた通信の研究

近年,出力が増してきている赤外LEDをマイコンの制御によって光ファイバを用いない空間伝送型の長距離での光通信への応用を試みる研究を行っています.

発光ダイオードの非破壊による評価法の研究

LEDチップについて電気的なアプローチで非破壊での不良品の選別を行えるかの研究を行っています.